プラスチックスープの海という環境問題

現代の環境問題を理解するうえで重要なキーワードのひとつが「プラスチックスープ」です。これは、微小なプラスチック粒子が大量に流れ込んでいる海洋汚染の実態を表す言葉です。

今、人間が排出したプラスチックが細かな欠片になり、海に溶け込んでいることが分かっています。プラスチックは風化により細かくなることはあっても、自然環境に還るまでには長い時間がかかります。そのためプラスチックを回収することが必要なのですが、海に浮かぶプラスチック粒子はあまりに細かく、またあまりに大量なため、回収するのが困難です。

先進国の下水処理場では、プラスチック粒子を海や川に流さないような仕組みがあります。しかし、プラスチック製品は私たちの身の回りに溢れており、適切に処理されないまま自然環境に排出されることもあります。そのような積み重ねの結果、プラスチックスープの海と呼ばれる現状があります。

今期待されているのは微細なプラスチックを回収する有効な手立ての開発です。また、そもそもの排出源を断つため、プラスチックに頼らない産業や生活のあり方を探る必要があります。これからの環境問題を考えるためにも評判のIOS研修を受けることも必要なのではないでしょうか?