資源とエネルギーの徹底した節約

私の勤めている企業はある年、大赤字を出してしまい、それからISO14001規格の内部監査員を置くなど

節約に対してとても厳しく取り組むようになりました。
まず紙の取り扱いについては、コピー機の使用の際、部署の長の許可を得てから行わなければなりません。
印刷ミスは許されないので、印刷前は必ず枚数やサイズに違いがないかしっかりと確認されるよう促されます。
そのおかげで印刷ミスがほとんど無くなり、無駄な紙を消費する事が無くなりました。
不要になった紙については、メモ用紙に使用するなどし、徹底的に再利用しています。
完全に使用しきった紙はシュレッダーで細かく粉砕し、圧縮をかける事でゴミの体積を減らすようにしています。
また他のゴミも潰したり、ハサミでカットしたりなど、ゴミの節約も徹底しています。
電気の節約については、昼の明るい時は極力無駄な照明をつけないようにしています。
エアコンなどの温度調整にも配慮し、夏は扇風機や団扇などを使用しています。
そして、電気類の切り忘れがないよう、こまめにチェックを入れるようにしています。